猫とワタシ

夢見る“いろは”

太文字のタイトルをクリックしてお読みください^^/ ☆Heart warming~Yeah!! .,。・:*:・゚☆ 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する光ってなんだ?(その2)

未分類


            (一部画像提供:ふわふわ。り) ペイントにて記事作成初挑戦。。。by 白孔雀
スポンサーサイト

この記事のみを表示する光ってなんだ?(その1)

未分類

  先回の『色ってなんだ?』に続いて、今日はこれまた謎の “光” についてのお話です。









  だんだん春めいてくるとUV対策に油断が出来なくなってきます^^ゞ

  そう、紫外線。。。侮れない電磁波(?)

  ・可視光線より波長が長ければ『赤外線』

  ・可視光線より波長が短ければ『紫外線』 『x線』 『ガンマ線』

  それらも質量を持つのでしょうか?

  質量を持つものにはエネルギーがあるとどこかで読んだ気がします。






     ☆  宇宙に存在するエネルギーは3つ?4つ?
 
 ①  バリオン物質(宇宙にある質量・エネルギーを一括してそう呼ぶ)
 ②  暗黒物質(光を放たない質量。まだ謎だらけなのですよね)

 そして

 ③  光
 ④  ダークエネルギー




  どれも私には理解できない厄介者です。





     ☆  宇宙に存在する光=電磁波は3つ?

 ①  星からの光
 ②  銀河からのX線など
 ③  天体ができる以前から宇宙にあったと言われる光



 ③を『宇宙背景放射』と言うそうですが99%を占め

 残りの1%が我々の知っているところの光なのですって。




 驚きです!

 どこにどのように存在しているのでしょう。。。

 夜空は暗い闇。。。星たちもあのようにキレイに見えるのに。。。^^♪










現在まで広がった宇宙では、

宇宙背景放射は絶対温度3度の物体に対応する光とか。

マイクロ波(波長2mm)だそうです。




じゃぁ・・・

宇宙がこのように膨張していない過去の宇宙では?

これより波長は短かったはず。。。!

そしてエネルギーも大きかったはず。。。!     









この99%ある宇宙背景放射は“超高圧・超密度”で存在していたってことでしょうか!!!

高温の水素やヘリウムの原子や電子が“光”を放出したり吸収したりしている???




とんでもない!





星も銀河もなかった原始の宇宙は
光がギュッと詰ったマグマ溜まり?





   。。。。。またまた想像の枠を∞に超えて、『光ってなんだ(その2)』へ続きます。

この記事のみを表示する凍て返る朝

未分類








            。 。 。 。 。   お願い 融けないで    もう少しこのまま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。