猫とワタシ

夢見る“いろは”

太文字のタイトルをクリックしてお読みください^^/ ☆Heart warming~Yeah!! .,。・:*:・゚☆ 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するJAZZ☆ライブ 行ってきました

未分類

「こんなところに?」と不思議に感じる街中の住宅街に


それでも違和感なくぽつんと建っているスタジオ。






JAZZライブは初めての体験。ちょっとドキドキ・・・☆














DSC_0259.jpg


スタジオは大人のムード (*^^*)






















DSC_0257.jpg



ピアノ・ベース・ドラム・・・&トランペット!


ナベサダ(渡辺 貞夫さん)のサックスは好んで聴くのだけど、


あまり自分には親しみのないトランペット…でした。


キンキンカンカンとしたイメージがあって耳に痛いものと思い込んでいたから。
























ハーモニーと言葉がありますよね。


「調和」と訳されるハーモニーだけど、それは人の付き合いにも似ているような…。


何だか薄っぺらい外面やおべっかが、どこかに潜んでいるようでは


素直になれない。。。


そんなところが気になって…しょうがない…。


大人の気遣い…って?


言葉では分からない…ってところかな。









しかし、今回はしっかり裏切られました ^^;


合わせようとする気持ちや努力、そんな言葉だけでは納まらない。


4人の奏者は、それぞれをたたえ合って信頼し合っている・・・☆


何より自らをさらけ出している・・・☆


全力の、ありのままの姿(音色)って言うのかな、


例えるならばそうそう、


全く飾らない、偽らない、アトリエの同志の集いのよう・・・♪






















DSC_0271.jpg



トランペット奏者はお二人でしたが、全く違う音色でした。


“キレイな”“正確な”音のその上に


人の気質?のような味を感じられる音ってあるのですね。


素人のわたしにとって☆味わい深いテイスト☆とっても美味でした♪


















ライブハウス、初めての時間、心地イイ音の波に漂い酔いました  














トランペット奏者:
グラミー賞を二度受賞されている、世界的なトランペッター
大野俊三氏
↓↓↓





























スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。