猫とワタシ

夢見る“いろは”

太文字のタイトルをクリックしてお読みください^^/ ☆Heart warming~Yeah!! .,。・:*:・゚☆ 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する作家のフィールドで遊ぶ

未分類






ココは、現代アートの作家である荒川修作がマドリン・ギンズとの共同プロジェクトを形にした公園型の作品。



荒川のイメージ(思惑)の中を、わたしなりにまた違う方向への感覚を味わう。
感覚を遊ぶ&確かめる&開放する…この“心のテーマパーク”を訪れたのは4・5回目。
曇り空に稜線を溶け込ませ、養老の山が静かに見下ろしている。



今日はいつもより…イヤいつも以上にわたしはへそ曲がりだったかも。
ふぅ~疲れた(笑)



 体験型アート(?)【養老天命反転地】は、岐阜県養老郡にあります。
  
   養老天命反転地記念館・不死門・ 昆虫山脈・ 極限で似るものの家・ 精緻の棟
   白昼の混乱地帯・地霊・もののあわれ変容器・宿命の家・陥入膜の径・想像のへそ
   運動路・切り閉じの間

  それぞれ、作家の構想(絶望の現代から逆転の発想、希望ある未来への転換)を
  訪れた者に感覚的に体験させるビックサイズのモニュメント・作品です。

  ねじれた曲線で作られたすり鉢状に入ると、平衡感覚までも失いそうになり
  そこから抜け出し元の世界に戻ろうとする自分と・・・
  もっと別の新しい感覚へ飛び立とうとする自分と・・・迷いながらさまよって歩きます。

  感覚遊び・・・好きな空間です。




  
  


            訪問&お返事遅くなっています。ゴメンなさい♪    by 白孔雀
                




.
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。