猫とワタシ

夢見る“いろは”

太文字のタイトルをクリックしてお読みください^^/ ☆Heart warming~Yeah!! .,。・:*:・゚☆ 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する孤独を語る貴方へ

未分類

自分はひとり孤独だと嘆きそれを不憫に思うと益々淋しくなった。その気持ちを紛らわす為に仕事に没頭してみる。日が経つうちに没頭できる環境に感謝する余裕が生まれ振り返ると、ここまでこれたのはどれもこれも自分ひとりの力ではなかったと感謝の念が沸いて涙が出た。今まで出逢った全ての人にその感謝の思いを伝える事が出来たのなら、今までの自分のしてきた非を少しは帳消しにして貰えるように思うが、たぶんそれは叶わないだろうから少し悲しい。千人に千人の孤独があって、誰も人の気持ちを本当に理解できない。分かったつもりでも、共感できても、全く同じ気持ちにはなれない。ただ、他人の孤独を分かろうとすることを受け入れてもらえればお互いもっと優しくなれる。
信じてこれからを生きよう。この思い。
 これは、ある方の独り言です。(コピーの許可を貰っています)
 読んでいて心熱くなりました。
 同じとは言わないけれど、近い気持ちに私もなっていたからでしょうか。


 ふと、思い出したこの『詩』を紹介します。





『二十億光年の孤独』       

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがつたりする

火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或はネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
ひき合う孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨んでゆく
それ故みんなは不安である

二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした         谷川俊太郎







宇宙の神秘がいつ解明されるかは予想つかない。
それが全て解明されたとしても、私たちの生活に変化や影響がどれだけあるのか。
最も近くの星=月だって、その裏側をやっと映像に撮れたくらいなのに。
知られていない神秘の世界へは、
好奇心と同時に
不安をうみ
疑問をうみ
孤独をうみ
そして
探究心をうむ
その繰り返しで未来に繋がる。。。だから、だから、みんな同じ孤独なんだ。
それでね、
ホントはみんないつも呼び合っているんだよね。

明日も変わらず宇宙は広がってる。
また私も分かろうと考え始める。
同じかなって。
何故だろうね、こんな事考えちゃって。でも、そう思うのよ。変かしら・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。