猫とワタシ

夢見る“いろは”

太文字のタイトルをクリックしてお読みください^^/ ☆Heart warming~Yeah!! .,。・:*:・゚☆ 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するウチナーのお話【喜屋武岬】

未分類

こんにちはぁ~

みなさまの夏休みはいかがでしたか~???
そろそろ社会復帰されて 朝眠~いって言われてませんか~?(笑
わたしのお仕事は明日からなので、
沖縄の写真、忘れないうちにアップしちゃいますね~ 










             ウチナーのお話その1
  【喜屋武岬】(きゃんみさき)




那覇から南方へ国道331を南下して行きます。

②標識








地元アンマーの台所って感じの道の駅『いとまん』へ立ち寄り、
収穫したばかりの地元野菜&果物を横目で見つつ、
ふらふらしていると~~~
黒糖の試食を戴いちゃいました ^^ノ

沖縄産100%の黒糖は、各島で味が違うのですね!
(石垣島のは、ちょっこっと後味に苦味がありましたよ)

①331号線








真栄里交差点をわき道に入ると、名城・喜屋武の集落を過ぎます。
屋根の上のシーサーが睨みを利かせています。

②シーサー








サトウキビ畑が続く電柱もない細い道をひたすら南へ走ると、
ぽつんと
地図を持たない旅行者には有難い標識が立っていました。

③岬へ








こちらはまた有り難い?道しるべデス。
覗き込まないと読めませんね(笑

④









糸満市周辺は沖縄戦で激戦地となりました。
8月のこの時期に、いつか訪れたいと思っていた地域です。
米軍に追いつめられた多くの人々が
逃げ場を失い、身を投げたという断崖。
そんな喜屋武岬に立つと、
 
  時間が止まり何も聞こえない…
  ココは時が止まったままなのかも…

そう感じられる。
悲惨な歴史を繰り返してはいけない、
忘れてはいけないのですよね。


【喜屋武岬】のお話なのに、この岬の画像はありません ^^;
心がブレーキをかけてシャッターを切れませんでした。。。


※具志川城~ひめゆりの塔~琉球ガラス村~真壁と続きます





お願い:
こちらのブログ操作がまだよく理解できていないので、
もしかしたらみなさんからご覧になって
どこか変に映っていたら教えてくださいね。
機械音痴だわ やっぱり私・・・凹 




スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。