猫とワタシ

夢見る“いろは”

太文字のタイトルをクリックしてお読みください^^/ ☆Heart warming~Yeah!! .,。・:*:・゚☆ 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する今日の方向・明日の方向

未分類

画材は、直接京都から取り寄せたりもするのけど、
今日は野暮用ついでに、
名古屋市の東、長久手にある愛知県立芸術大学へ行きます。
やってるかな~シ○モト。

緑多くのんびりとしたイイところで、この辺りでは唯一の国公立。
そう、お金のない国公立なのよね(泣笑
素朴と言えば聞こえはいいけど、ぼろ・・・(そこが好きだけど)

現役芸大生(教え子)とも会う予定。
何やら面白いことをしていると言っていたし、
学食の定番メニュー『カツカレー』をわたしも!食べようっと ^^♪
楽しみ~

追伸:あれ?入れ違いですね・・・残念。






今日はもう一つ
以前、月刊ダイバーの表紙を描かせていただいた
パナリデザインPanariさんのブログから転載です。



無題



今回はちょっと「余計なお世話」ってハナシなので(いつもか?)
「うるさいわ~!」と思った方はすいません。
スルーしてくださいまし。


さて。
最近よく「プロ」ってなに?
と思うことが多いのだなあ~。
もちろん、最近に限った話ではないのだけど、
そう思う機会が増えたのは確か。


その遠因となっているのが
PCやデジカメなどの、便利な機械の普及なんかな、と。
パソコンでレイアウトソフトの操作ができるから
デザイナーと名乗っていいのか。
カメラ器材を持ってて、シャッターが押せれば
それでカメラマンなのか。
ちょっと極端な例だけど、そう感じているワケで。

「ちょ、マジ下手!!!」とか、よくわじわじ~する。

業界に限らず便利な器材が増えて「独立」がしやすくなった昨今、
キホンができていない人が多くなったと感じているのは
私だけではないハズ。

まあ、自分自身、学生時代以降は殆ど独学で
他人のことを言えた義理ではないし、過去の作品を見ると赤面モノなわけだが、
そんな私が「そりゃアカンでえ」とか思うのだから、よっぽどの事ですぜい!?

「いい仕事」をしたくて、独立・上京したからには、
「プロ」の間で切磋琢磨してやっていきたいなあ~と強く思っているのだけど、
なかにはそうでないこともあって。
いろいろ、わじわじ~しているわけ~。
なんかね~、もうね
「やりたくないなら辞めちまえ!!!」とか言いたくなる。
っていうか、言いそうになる。
危ないな~~~。
いや、言わんよ? もちろん。

ところで、「プロ」ってなんじゃろ?と。
「こだわり」を持つひと?「プライド」があるひと?
いやいや。
こだわりでは足りないし、プライドは邪魔なだけだな。
あえて言うなら「完璧」とか?
あいや、そんなことだと自分の立場も危うくなるので(恥)
「完璧を目指すヒト」や「理想を目指すヒト」「全力を尽くすヒト」
あたりにしとくと都合がよさそう。

でも、こうやって書いてみると
自分自身、ホンマに「プロ」なんかいな?と、不安になってきたっす。
もっと、ずっとずっと高みから見たら、全然甘いんやろなあ~と。
……
好き勝手書いたけど
心を入れ替えて精進します!!
スマン!
とりあえず、わくわくドームの滝に打たれてきますわ。


んで。
今日の写真は「写真家・鍵井」氏っぽい
「イソギンチャクの触手」
結構気に入ってて、地元の冊子の表紙にも使ってもらったものだけど、
RGBのデータのほうがキレイなので
ちょこっとUP。




・・・・・・・・・と、
2007年にUPされた記事なんです、ハイ。
パナリさん、
お借りしていた記事、今頃  スミマセンヾ(;´▽`A``
そう、
今も同じ事考え生きちょります(笑


あれあれ、もうこんな時間。
ほな♪
行って来ます~ ^^ノ

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

プロかアマか?プロかアマか?

ぼくもこのことは長い間考えて来ましたが、いまだに答えが見つかりません。
でも最近はどうでもいいこと、と思うようになりました。

プロもアマチュアも素晴らしい人もいれば、あまり大したことのない人?もいます。
どちらが?ではなく、どちらも素晴らしい生き方だ。
中間の方もいますしね(笑)

ぼくも中間・・て思われてるかも(笑)

ぐりごろうさんへ♪ぐりごろうさんへ♪

コメント、ありがとうございます ^^*

なるほど、
>最近はどうでもいいこと、と思うようになりました。
って、言われる気持ちも分かります!
(偉そうにスミマセン v-291

ある尊敬すべき先輩が、
『結果として金持ちになったり名誉を得たりする人はいるけれど、
尊敬できる人はそれ自体が目的ではなかった人たちだ。
そして、それ以前に戻ることをなんとも思わない人たちだ。』
と呟いていました。

目指すところがどこかにあるのかと
何と…誰と…比べているのか、
が、
異なる人がいるんだなぁ~と最近感じています。

ぐりごろうさんのプロの歌声、
いつか“生”で聴かせてください!v-353

No titleNo title

こんにちは。そのお師匠さんのお言葉はすばらしいですね。

ぼくらの世界でもプロ・アマ問わず、下手な人もいれば上手い人もいます。
アマチュアといって見下しているととんでもない凄い人がいっぱいいるんです。
そういうこの世的?基準で考えると、何がプロで何がアマなのか?
ほんとうに良く判らなくなるんです。

だから考えないことにしたんです。(笑)

お金を稼ぐことも必要だし、自分が信ずることを追い求める気概も必要だし、
まぁ何の世界でも浮世を渡るのは難しいですが、人それぞれで要領の良い人悪い人、さまざまです。ぼくは要領悪い、と思ってるけど、その分良い面も
ある、と思ってます。

この話はまだまだいくらでも話したいことがあるけど、きりがないのでやめときます。

ぐりごろうさんへ♪ぐりごろうさんへ♪

呟かれた方の作品は、
世界中で桁の違う値で取引されています。
尊敬すべきところは、学生時代から変わりない精神と
今でもちょっと悪戯っ子な“眼”です。(失礼な発言 ^^;)

ホントですよね。

教室にみえる生徒さんから、思わぬ発言を聞き
目から鱗!っていう体験をさせてもらっています。
上手い・下手ではないところに素晴らしい感動が見つかるのですよ♪

確かにお金を得る要領も大切ですよね。
かつて売り絵を描きたくなくて、全く違う畑で収入を得ようとしたことも
ありました。そうすると趣味…?!…しかも貧乏 v-36(笑
う~ン、でも・・・それも悪くないかぁ v-408(なぁ~んて)

本気で語り始めると、終わらないですね。
いっぱい飲みながら、話すのがイイかもしれません。
適当なところで酔いつぶれて寝てしまうように… v-305v-398(笑

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。